酒井・蔵合国際特許事務所
取り扱い内容
取り扱い業務
特許出願
  企業規模の大小にかかわらず、進歩性が疑わしい発明をどのように成長させて出願レベルに押し上げるか、ということについての相談を承ります。
また、中小企業やベンチャー企業からのご相談の場合、ご予算に合わせて合理的な出願プランを設計させていただきます。
実用新案登録出願
  実用新案法は、「小発明」を、無審査で登録する制度です。
物品の形状、構造、組合せに限る、という前提条件があるので、コンピュータプログラムなどの発明には使えません。また、権利行使に一定の制限があります。使いにくい制度と言われています。
しかし、業界によっては一定の効果が見込める場合があり、ライバル業者の参入障壁として役立った、という事例も中にはございます。
商標出願
  商標権を他の会社等に取得されると、今まで使用していた自社商標が使用できなくなる場合があります。使用できなくなれば営業に支障をきたすことになり、大きな損失を被ることになります。
商標の使用を確保するために、商標出願をし、商標権を取得することが大切です。
意匠出願
  「意匠出願」とは省略形で、正式には「意匠登録出願」といいます。意匠法が改正され、出力画面におけるデザインについても、2007年4月から一定の条件の下で意匠登録の対象となりました。
一般消費者が商品選択の理由として、特許法が対象としていた技術のみならず 、意匠法が対象としているデザインが重視されるようになっています。
マーケットに関する情報収集および独自分析を、できる限り継続し、皆様のお役に立つ情報発信を心がけています。
知財コンサルティング
  会社の新事業、新製品、開発品等について産業財産権にしていくためのコンサルティングを行います。また、貴社の顧問コンサルタントとして他社との交渉契約、打ち合わせ等のお手伝いを致します。
発明について、共によい発明となるよう一緒に考え提案を行います。
その他ご相談に応じたコンサルティングをご提供いたします。
上記特許、商標等の分野における外国出願
  当事務所の取扱い件数の50%近くを外国出願が占めます。海外の多数の国への出願実績があり、各国法制を熟知したスタッフによる迅速な処理を日々実行しています。
職務分野
化学、機械、電気、土木建築に関する内外国における特許及び実用新案の出願から権利化までの一切の手続事務。
商標、サービスマーク、意匠に関する内外国における出願から権利化までの一切の手続事務。
特許、実用新案、意匠、商標、サービスマークに関する調査、管理及びコンサルタント業務。
上記知的財産権に関する訴訟及び鑑定。
上記知的財産権に付随する内外国契約業務。
著作権、不正競争防止法。
Copyright (C) 2010 Sakai & Zogo International Patent Office All Rights Reserved.